生命保険で相続対策する方法

相続対策をしておこうとした時には生命保険を検討してみるのもおススメです。
もう年齢的に生命保険なんて、と思うかもしれませんが、だからこそ生命保険に加入しておくことは相続対策になります。
まず、相続対策として生命保険を選ぶときには期限付きの定期保険ではなく終身保険を選ぶようにします。

定期保険というのは保証が一生涯続く終身保険とは違い期間満了時には保証が終了してしまいますので、もし亡くなった時に保証が終了していたら意味がありません。
亡くなって相続が発生すると、被相続人の財産は全て遺産分割が終わるまでは凍結されてしまいます。

つまり手をつけることはできないのです。
被相続人が病気で亡くなったとしてその病院の入院費など医療費支払いが残っていたとしてもその代金の支払いも被相続人の口座から引き落としすることができません。

相続人全員の承諾がないと引き出せないのです。
それに対して保険金を受け取った場合には受取人の固有の財産ですからすぐ現金を用意できます。
生命保険金が入るとこの場合とても助かります。

Filed under: 遺言書