デメリットが多い土地の生前贈与

生前贈与することができるのは預貯金などの現金以外に土地や不動産など様々なものがあります。
相続税を節税するためにとせっせと生前贈与をしておくのは結構なことですが、ケースによっては素直に相続していた方がよほど税金が安く済んだという話もあります。

特に土地の生前贈与については、する前にそのまま相続するのといずれが得なのか良く検討してからにすべきです。
また大前提として相続税には基礎控除額があるので、遺産の課税価格の合計が基礎控除額を下回る場合には生前贈与しなくともはなから相続税は課税されません。

それでも土地を生前贈与する場合は、デメリットとして土地の贈与には不動産取得税、登録免許税がかかる事を意識します。
相続では不動産取得税は課税されません。
また、登録免許税も相続の場合は固定資産税評価額の0.4%なのに対して生前贈与では2%かかるのです。

また生前贈与を受けたその後はその土地の固定資産税や管理費といった維持費がかかってしまいます。
相続ならば亡くなるまで維持費は被相続人が負担するのに生前贈与した事で負担が大きくなってしまうのです。

土地の生前贈与は手間も費用もかなりかかる反面、節税効果が少ないのでじっくり検討する必要があるといえます。

Filed under: 遺言書