終活における遺言書と遺産相続の件

最近の終活に関してその重要部分に遺言(遺言書)や遺産相続と言うのがあって勿論、其の事自体は人生に幕を下ろす時の準備として本人そのものが生前において行うものです。
その遺言書の中では自分が死亡した時の葬儀や最後の後始末のあり方をどう処理するかや、更に大事なのが本人名義の遺産や相続をどのように処分するかと言う事になるでしょう。

遺産や相続の主なものと言えば直接的に金銭に絡むものや建物や土地に絡む不動産などが有りますが、それらをどう処分するか、どのように遺言書に記入するかということは遺産相続をするかという事になるでしょう。

もっとも、遺言書の中でも遺産や相続と言うのは正の遺産がよく言われることですが、中には負の遺産相続というのもあって、例えば代表的なものに住宅ローンや事業のための借金などはその部類になるでしょう。 負の遺産の相続ともなれば余計に遺言書の必要性があるようにも感じます。 更に、最近ではデジタル社会でネット取引などでの本人以外には判りにくい財産と言うのもあります。

いずれにしても終活でも遺言書というものの肝心な事は、正の遺産にしろ負の遺産にしろ、更には目には見えにくいデジタル遺産がどのような状態であるのかを身近な人に明示しておく必要があるでしょう。 其の遺言書に明示された遺産はどのように相続するかを充分に明らかにしておく必要もあるでしょう。